かけがえのないパートナー

つぶらな瞳で、じっと私を見つめる。

私の悩み、辛さ、甘え。まるでそのすべてを見通しているかのような眼差しだった。

瞳の奥に、私が見えた。